本文へスキップ

千葉・四街道の鍼灸、整体院。都賀光明堂治療院。

HEADLINE

おかげさまで開院24周年千葉の鍼灸院
肩こり・腰痛・五十肩・神経痛・自律神経失調症・更年期障害・スポーツ障害・膝関節症等でお悩みの方、是非ご来院下さい。

千葉市中央区、若葉区、稲毛区、四街道、佐倉、成田、八街、富里からもアクセス便利な鍼灸院・整体院です。

    

肩こりの鍼灸整体治療


ナビゲーション





 

千葉市・四街道市の肩こりの治療

 
 頚・肩こりは日常的に皆さんが抱えている症状で、治療院にも頚、肩こりの改善を目的に来院される患者さんは多くいらっしゃいます。
 この頚・肩こりを放置しますと不定愁訴症群として全身症状に発展し、内臓の不調にも繋がります。
 また、交感神経を活動を高め、自律神経の失調きたし内臓の不調をはじめ頭痛、耳鳴り、難聴、顔面・頭部の諸症状(顔面神経麻痺・三叉神経痛・後頭神経痛)なども引き起こします。
 これに対して、鍼灸治療や整体、マッサージでの治療を施すい事で、コリを取ったり骨の歪みを調製(頸椎の椎間関節や肩鎖関節、肩甲上腕関節、胸鎖関節のズレを調製)する事はもちろんの事、その他にも副交感神経の働きを
優位にし上記の様な症状の防止や改善に大いに役立ちます。


@肩甲挙筋のしつこいコリをパルス通電の気鍼治療で解消しているところです。

肩こりの原因(分類)

肩こりと一口に言っても、その原因や症状は、様々です。
また、症状のでかたや、つらさのの感じ方も個人差が大きいものです。
肩こりをその原因から分類すると下記のようになります。

1) 本態性の肩こり

これは体型や生まれつきの素因(遺伝的な素質など)による肩こりです。
当院にもよくいらしゃいますが、小学生、中学生の頃より肩こりにずっと悩まされてきたとか、お母さんと娘さんが、供にひつこい肩こりで、その凝り方も非常によく似ているといったタイプのものが代表的な例です。

2) 疲労性の肩こり・姿勢性の肩こり

人間の骨格は、四足動物のそれが二足歩行用に進化したものです。
頚椎の上にスイカ位の重さの頭をのせ、頚椎の横から肩甲挙筋で又、後頭部と頚椎後側部から、僧帽筋で肩甲骨と上肢を吊り下げている状態です。
普通に生活しているだけでも大きな負担がかり頸肩部の筋群に負担が掛かります。
そこに長時間の事務仕事や作業が、持続的に頸肩部の筋肉を緊張させ、肩こりが起こります。
3) 症候性の肩こり
一般的な姿勢や仕事による疲労性の肩こりとは別に他に原因となる、疾患があってそれによって肩こりの症状が発症したり増悪したりする場合が多くあります。
原因となる症候としては、眼精疲労や顎関節の異常、高血圧症(特に急に上昇した場合)胃腸障害、頚椎症、などから、もっと重篤な疾患(肝炎、肝臓癌=右肩が多い、膵炎、膵臓癌=左肩が多い、胃潰瘍、胃癌=右肩が多い、心不全=左肩から左腕が多い、等)の内臓反射として痛みやそれに伴う筋緊張が肩こりとして、感じられる場合、又胃癌の左鎖骨かリンパへの転移によって左肩が肩こりの様に痛む事もあり
注意が必要です。

4)ストレス性、性格起因性の肩こり
仕事や対人関係、家庭生活その他色々な原因によりストレスを抱えている方は現状非常に多くなっていると思います。
又、性格的な因子によりストレスをため易く常に本人は気付かないままに、体に力が入って筋肉を緊張させている方も多
く見かけます。
この様な原因による肩こりが現状特に多いと思います。

  2.肩こりのメカニズム
1)肩こりを引き起こす筋群
 肩こりを引き起こす筋群は、主に頚部及び体幹と肩甲骨を結んでいる筋肉が特にこります。
肩甲骨と腕は、一体となって、頸からぶら下がっているといった、感じです。
 したがって、頚椎から肩甲骨の上内角付近に付着し肩甲骨を挙上する、肩甲挙筋や後頭骨や頚椎から肩背部及び、肩峰に張っている僧帽筋、また前頚部では、胸骨、鎖骨をぶら下げている胸鎖乳突筋が代表的な筋群です。
(下左図参照)
 これらの筋群は、肩甲骨と上肢をまとめて頸からぶら下げている様な感じで、常に相当なストレスが掛かっています。
 また肩甲骨の周りにも種々の筋群が各方向に作用して、肩甲骨の動きと固定に関与しています。(下右図参照)
内側(背骨よりに)引っ張る大(小)菱形筋、外側に引っ張る前鋸筋、など。
この様に、肩こりの状態では、種々の筋群が肩甲骨の周りで、それぞれの作用の方向に引っ張り、ロックした様になっています。

 2)上記の様な状態になりますと、筋肉は硬縮し、鬱血し、痛みまた、それにより又、筋肉が緊張するという、悪循環を生じさせます。
又軽い炎症も筋や神経終末に発生し痛み、リが持続します。

3.当院の肩こり治療

 上記の様なメカニズムで肩甲骨周囲の筋群はスパズム状態で かたまっています。
 従いまして、この筋群のこりをとり、ロックされた様な状態を解消しなければ肩こりは改善しません。
当院の治療ではこの事を十分に考慮して,頸部から肩上部、肩甲間部、肩甲骨外側、背腰部、鎖骨か部、肩関節前側等、全体的に鍼治療や指圧、マッサージでこりをとって行きます。
局所的には、肩甲挙筋や僧坊筋腱に対する、パルス鍼通電(電気鍼)や頚肩背部の硬結やトリガーポイント、神経点、経穴に対して、置鍼・単刺、灸頭鍼等で刺激します。
また肩甲骨のすべり運動を重視し、マッサージにストレッチ的手法や、関節モビリゼーション的手法を取り入れて治療します。
そして東洋医学的見地から背部経穴を刺激することで、全身的調整を加え、これによって肩こりの改善を図ります。
この事は、現代医学的に言えば、内蔵体性反射を利用して、自律神経の働きを調整する事と同じ意味があります。


@頚肩背部の筋群のコリや神経点、経穴、トリガーポイントを丁寧に、探し置鍼していきます。

側頚部の筋群


@背面の筋群  






043-284-3489

千葉市若葉区西都賀1-14-9
都賀駅西口徒歩3分 西都賀郵便局2階
指定等≫
千葉市 四街道市、成田市、冨里市、
  鍼(はり) 灸 マッサージ施設利用券指定施術所
◎労災保険指定施術所(医師の同意が必要)
◎交通事故保険対
所属団体
 公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
 
公益社団法人 千葉県鍼灸マッサージ師会
 
千葉市鍼灸マッサージ師会

お問い合わせメールフォーム

おかげ様で開院24周年 土日も診療 鍼(はり) 灸 マッサージ 指圧 整体

*** 腰痛 肩こり 神経痛 自律神経失調症 スポーツ障害 ぎっくり腰 婦人科系疾患 五十肩 頸肩腕症 治療 ***