本文へスキップ

千葉県千葉市の鍼灸・マッサージ・指圧・整体の治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.043-284-3489

〒264-0026 千葉市若葉区西都賀1-14-9


腰痛のページ・腰痛の治療について

千葉市・四街道市の腰痛治療院(腰痛治療)

千葉市中央区、若葉区、稲毛区、四街道、佐倉、成田、八街、富里からもアクセス便利な鍼灸院・整体院です。
スマホ用ページ


急性の腰痛については、ぎっくり腰のページをご参照下さい

*腰痛の解説
 ここでは一般的に腰の痛みを訴えて、鍼(針)灸治療院に多く来院される腰痛の症例に
ついて解説いたします。

 
@慢性の腰痛

 一般に腰痛を大きく大別すると、次の5つに分類できると思います。
      1.内臓性の腰痛 
      2.血管性の腰痛 
      3.神経性の腰痛 
      4.心因性の腰痛 
      5.脊柱性の腰痛 
      6.姿勢性の腰痛及び疲労性の腰痛
 これらの腰痛のうちでもはり・灸・マッサージ・整体の治療院に来院される患者さんに
最も多いのは、5.の脊柱性の腰痛と6.の姿勢性の腰痛及び疲労性の腰痛です。
 脊柱性の腰痛は、器質的に背骨(脊柱)に病変をみる腰痛で、長年の腰に対する負担に
よって引き起こされるものが一般的で、その病態も慢性に推移するものがほとんどです。
この脊柱性の(背骨の変質による)腰痛のうち主なものを幾つか挙げてみたいと思います。
 また同じく鍼灸、マッサージ、整体の治療院でよくみかける姿勢性及び疲労性の腰痛に
ついても触れてみたいと思います。
これらの腰痛に関しては最初は筋筋膜性及び関節周囲柔部組織性の腰痛で脊柱に変性を
きたすものではありませんが、長年の無理な姿勢や労作により脊柱性の腰痛に移行して
いきます。

 

1)変形性脊椎(腰椎)症/椎間関節症による腰痛
 図1参照


 脊椎椎体面及び椎間関節面より骨の異常増殖、変形及び靭帯の石灰化などにより骨棘が
形成されたり変性による変形などをみる病変。
 症状は一般に慢性に推移し、動き始め腰の痛みを強く感じ、特につらい事が多い。

       

        図1) 変形性脊椎(腰椎)症によるによる腰痛

       
   
*椎間関節性腰痛による腰痛
 腰痛の原因が椎間関節部に存在するものを総称して、椎間関節性腰痛といいます。
急性の場合は椎間関節捻挫と呼ばれぎっくり腰の代表的な病態です。
 また慢性の場合は、加齢による変性を基盤とした椎間関節症で変形性脊椎症の大部分は
この病態が関与していると思われます。

2)腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛
  図2参照


 上下の腰椎の間のクッションの役割をしている椎間板がつぶされ、飛び出したジェリー状の髄核が、脊髄神経を圧迫し腰の痛みや、神経痛を起こす病態。重篤なものは症状も激しく急性期は、痛みや、痺れ、時に麻痺性の症状で、全く身動きできない状態になる物も多く有ります。かなり激しい腰痛や神経痛を伴う場合があります。
       図2)腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛
       

       


3)脊柱管狭窄症による腰痛
  図3参照

  腰椎周辺の変性(黄色靭帯の肥厚や骨の退行性変性等)により脊柱管(脊髄が通って
いつ管)が狭まり、脊髄を圧迫する事により下肢や腰臀部に神経障害(神経痛や麻痺)
を引き起こす病態。
 かなり慢性で辛い腰痛を伴うことが多く、特徴としては長く歩くと症状が激しくなり
暫く休むと楽になるとか、自転車をこぐ様な姿勢をとると楽になる場合があります。

     
図3)脊柱管狭窄症による腰痛

       


4)脊椎分離症・すべり症による腰痛
  図4参照

  発育期から青年期における激しい運動や生まれつきにより脊椎の棘突起(背骨の後側に突起している
 羽の様な形の骨)が割れて分離する病態。また高齢などによって腰椎周囲の靭帯や筋肉が緩んで
 分離した前の部分(椎体部分)が前後方向に移動する病態。
 スポーツなどで発症した場合は急性に推移するが、慢性的に経過するものも多い。
 症状的には、安静を保てばそれ程激しい症状を呈さない物も多いがスポーツにより若い人に発症したものは
 かなり辛い腰痛を伴うものも多い。
  また分離症がすすんですべり症になったものの中には、滑りがひどく、脊柱管を圧迫して、脊柱管狭窄症 を発症するものもあります。この場合は、症状も改善しにくく、外科的手術を要するものもあります。


        図4)腰椎分離症・すべり症による腰痛

        


5)骨粗鬆症による腰痛
  図5参照


 退行期に生じる胸腰椎を中心とした骨萎縮が日常生活にも耐えられない程重度になり、痛みや、苦痛、運動制限等を呈した病態。

       図5)骨そしょうによる腰痛
       
       

6)姿勢性腰痛、疲労性腰痛

 腰部の鈍痛や重苦しさを訴える慢性腰痛の中には日常の不良姿勢や、無理な動作、作業の継続によるものがあります。
 日常生活の不良姿勢が習慣になると円背(猫背)の姿勢が固定化されるようになります。
この姿勢では、腰部の前彎が増強して、それに起因して脊柱起立筋が拘縮を起こして筋の疲労現象が現れてきます。
 また慢性の筋筋膜性腰痛などで脊柱起立筋の緊張状態が続くと腰椎の前わんが増強し、筋は持続的収縮の為血流の循環が減少し、その結果筋の代謝が悪化し疲労物質が蓄積されます。
この乳酸などの疲労物質は酸性ですので、たんぱく質にダメージを与え、発痛物質となりますます筋肉を緊張させ疲労させる悪循環となり、筋の拘縮を起こし筋肉の疲労現象を増悪します。 
 そしてこのような状況が長期にわたって持続しますと、やがて椎間関節に障害をきたし椎間関節性腰痛、変形性腰椎症へと移行してゆきます。


腰椎の前わん増強(腰痛になりやすい背骨の状態)


腰椎前わん増強による椎間関節の不適合
(腰痛になりやすい背骨の状態)


  
 



043-284-3489

お問い合わせメールフォーム

千葉市若葉区西都賀1-14-9
都賀駅西口徒歩3分 西都賀郵便局2階

指定等≫
千葉市 四街道市、成田市、冨里市、
  鍼(はり) 灸 マッサージ施設利用券指定施術所
◎労災保険指定施術所(医師の同意が必要)
◎交通事故保険対
所属団体
 公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
 
公益社団法人 千葉県鍼灸マッサージ師会
 千葉市鍼灸マッサージ師会


おかげ様で開院24周年 土日も診療 鍼(はり) 灸 マッサージ 指圧 整体

*** 腰痛 肩こり 神経痛 自律神経失調症 スポーツ障害 ぎっくり腰 更年期障害 五十肩 頸肩腕症 治療 ***

都賀光明堂治療院 
都賀駅西口徒歩3分
西都賀郵便局2階
都賀光明堂治療院

〒264-0026
千葉市若葉区西都賀1-14-9
TEL 043-284-3489
お問い合わせメールフォーム